モモクリ日記 もも鍼灸院ブログ

鍼・灸・健康について・日常のことを記します

例えば足首の捻挫について。

捻挫は関節に外力が加わったということと、体がその外力に負ける状態であったということの2つの面からみる必要があります。

外力に負ける体の状態とはどういうことかといいますと、

体の状態が良ければ捻挫までには至らない外力でも、体の状態が悪ければその外力に負けて捻挫になるということです。

ですから

捻挫 = 外力 + 外力に負ける体の状態

と言えます。

治療は捻挫部位の処置だけでは不十分で、体全体の状態が改善するような視点が必要です

硬くもろかった体が柔らかく強靭になれば、捻挫をしにくくなるだけでなく、捻挫からの回復も速くなるでしょう。

もも鍼灸院
東京都江東区毛利2-9-18グリーンパーク錦糸町102
TEL・FAX:03-3634-7220
住吉駅徒歩7分 錦糸町駅徒歩11分
http://momocli.jp