モモクリ日記 もも鍼灸院ブログ

鍼・灸・健康について・日常のことを記します

スギ花粉症はほとんど終わり今はヒノキの花粉症の時期でしょうか。

スギ花粉症の6割程度の人がヒノキの花粉症も持っていると言われていますので、

まだまだゴールデンウィーク頃までがつらい時期が続くでしょうか。

花粉症による症状は鼻水や鼻づまり、目のかゆみなど。さらにひどくなれば体の怠さや不眠などの症状も出ることがあります。

これらの症状は花粉の飛散量が多ければ症状も強くなるという傾向にあるわけですが、

本人の体調によっても症状の出方は大きく変わります。

顔面部に集中して症状が現れている花粉症のような状態を私たちは「上実」と言います。

これは体の上部に熱が偏っている状態を表現しています。

上実」は体が「熱をコントロールする力」が弱り、熱が上に偏っている状態としてみますので、

日常生活ではこの「熱をコントロールする力」を弱めないようにすること、治療では「熱をコントロールする力」を強めることに重点をおくと、花粉症の症状は軽減していきます。

睡眠不足、過度の飲酒冷飲食甘味の取りすぎ偏食過度のストレスなどは「熱をコントロールする力」を弱め花粉症の症状を悪化させますので、それらを避けることが予防につながっていくでしょう。

もも鍼灸院
東京都江東区毛利2-9-18グリーンパーク錦糸町102
TEL・FAX:03-3634-7220
住吉駅徒歩7分 錦糸町駅徒歩11分
http://momocli.jp