モモクリ日記 もも鍼灸院ブログ

鍼・灸・健康について・日常のことを記します

職場や学校で風邪が流行っているでしょうか。今年は咳の症状が強い方が多いように感じます。

風邪の予防には、病原菌を避けるために手洗いやうがい、人ごみを避ける、等も効果があるのでしょうが、普段から睡眠や食事に気をつけ、適度な運動をして体調を整えておくことが一番なのです。

でもなかなか思い通りにはいかないものです。

ここで私たちに24時間かかわる呼吸を見直してみましょう。

普段からしっかりと鼻呼吸ができているでしょうか。

鼻呼吸が身につけば風邪の予防にもつながっていきます。

口呼吸の害

鼻呼吸ができていないということは口で呼吸をしている、ということ。

ここで口呼吸の害をいくつかあげていきましょう。

  • 鼻のフィルターを通らないので病原菌などの異物が体内に入りやすい
  • 乾燥した空気が直接入ってくるので、肺など呼吸器官を傷めやすい
  • 口腔が乾燥するので虫歯や味覚障害の原因になりやすい
  • アレルギーを引き起こしたり、悪化させる原因ともいわれている

 

鼻呼吸を身につければこれらの害を軽減することができるわけです。

鼻呼吸の訓練

口呼吸から鼻呼吸に治すには訓練が必要です。

どうしてかというと鼻よりも口の方が空気の通り道が広いため、口呼吸の方が楽にでき、その習慣を覆しにくいためです。

訓練1 不安感を意識する

鼻呼吸と不安感といってもピンとこないかもしれませんが、呼吸は生命維持に直結していますから、口呼吸から鼻呼吸に移行して空気が吸いにくく感じれば、体は即座にその状況を回避しようとします。

もしこの時点で口を塞がれたとしたら、たとえ鼻から空気が吸えたとしても、不安を覚え、かなりあわてることになるでしょう。

鼻呼吸に移行しようとすることは程度の差こそあれ不安を覚えるものです。

意識の力でこの不安感を克服しなければいけません。

まずは鼻呼吸にすると不安感が沸き起こるかもしれないということを意識しましょう。

訓練2 ゆっくり細く吸う

まずは空気の吸いにくさに慣れなければいけません。特に鼻が詰まりがちな人はかなりの不安を覚えますが、ここであわてて強く息を吸ってはいけません。

狭い空気の通り道にたくさんの空気を通そうとすると、空気の流入する抵抗が増えて(風船から空気が漏れるときにブブブブブ、となるところを想像してください)かえって吸いにくくなり、パニックのような状態になってしまいます。

この不安感に耐え、ゆっくり細く息を吸ってください。

ゆっくり細い呼吸を繰り返し、「鼻呼吸でも大丈夫なんだ、鼻からでも十分に空気を取り込めるんだ」、というこを体に憶えこませます。2~3分できるようになればOKです。

訓練3 心地よさを感じる

どんなに意識しても苦痛の伴うものは、なかなか身に付きにくいものです。

鼻呼吸をしていると、口呼吸のときよりも呼吸が深くなってきて、からだ全体に空気が行き渡るような感じがしてきます。これは口呼吸にはない心地よさを伴うものです。

逆に空気が体全体に行き渡ることを意識して鼻呼吸をすると、呼吸もゆっくりとなり鼻呼吸に慣れやすくなります。

ここまでくれば苦しさよりも心地よさが勝ってきますので、鼻呼吸が身についたと言えるでしょう。

鼻呼吸をしていると自然と腹式の呼吸が強くなってきますので、精神的にも落ち着いてきます。

訓練4 その他

以上のことでかなり鼻呼吸は身に付くと思いますが、そのほかの訓練として、ヨガの技法にあるような片方の鼻を指で押さえて片方の鼻だけで呼吸をするなども効果的なようです(専門的には右で吸うか、左で吸うかなどあるようです)。

夜寝るときに口に軽くテープを張るなどもいいようです。

とにかくポイントゆっくりと吸うことに慣れるということです。

鼻呼吸でがんばっていると、慢性的な喉などの炎症が軽くなってくるからでしょうか、頭部全体の充血感も弱まり、鼻が詰まりがちだった人も、だんだんと空気が通りやすくなってきます。1週間もあればかなり変わってくるのではないでしょうか。

 

もも鍼灸院
東京都江東区毛利2-9-18グリーンパーク錦糸町102
TEL・FAX:03-3634-7220
半蔵門線・都営新宿線 住吉駅B2出口 徒歩7分
JR錦糸町駅南口 徒歩11分
毛利2丁目バス停 徒歩3分

今週の土曜日、12月10日は皆既月食です。天気もよさそうなので忘れないで見ようと思います。

 

月の満ち欠けは身体的、精神的に影響を与えているといわれています。

満月の時にお産が多いなどの統計もあるそうです。

 

人には環境(自然だけでなく社会的なものも含めて)の影響により、心身の周期的な変化が生じてきます。

先に挙げた月齢もそうですし、季節による体調の好不調などは自然環境の影響です。

 

社会的なものでは曜日による影響は身近でしょうか。

木曜日には疲れがたまって元気がなくなるけれど金曜日の夜にはだんだんウキウキしてくる、なんていうのも心身の周期性です。

私が小学生の時、日曜日の夜に「野生の王国」というテレビ番組がやっていて、それを見ると番組は楽しいのに少し憂鬱になったのを憶えています。

 

環境の影響による周期性だけでなく、人がもともと持っているものもあります。

月経周期などは環境の影響もありますが、人が本来持っている周期性といえます。

快適な生活を送るためには、自身の周期性を頭に入れて生活することが大切です。

生理中は体が冷えやすくなりますから、洗髪などは控える方が賢明ですし、あまり疲れる用事は、その期間にぶつからないようにスケジュールをたてるといいでしょう。

 

患者さんの中に年末年始は体調が悪いというご婦人がいました。これは季節の影響と社会的影響、両方が関係している例です。

話を伺うと、もともと寒さに弱い体質で、12月に入ると大量の年賀状書きで腕がパンパンで、正月には子供たちが帰省してくるので、大掃除をして、お重の準備でくたくたになって……、などなど。

まあ、どれかを軽くするか回避する必要があるように感じました。

 

気まぐれな上司に説教されてぐったり、という事故は避けることができませんが、周期性があるというものは、やってくることが読める、ということですからある程度計画をたてることによって生活の質の向上をはかることができるわけです。

みなさんの「周期」を見直してみましょう。

余裕があれば上司の周期も把握しておくと事故を避けることができるかもしれません。

 

もも鍼灸院
http://momocli.jp
東京都江東区毛利2-9-18グリーンパーク錦糸町102
TEL・FAX:03-3634-7220
錦糸町駅・住吉駅・毛利2丁目バス停から徒歩でおこしいただけます
治療院前に駐車可

 

 

 

 

虫歯じゃないのに歯が痛む 1の続き

では、虫歯では無いのに歯や歯茎が痛む、うずく、などのときの対処方です。

割り箸を噛む

割らない状態で太いほうを平らにした割り箸を、痛みのある辺りの歯で、ゆっくり、あまり力を入れず、そーっと、ぐーっと噛みます。歯を歯槽に押し込むイメージです。

それを何度か繰り返していると、最初の痛みがだんだんと軽くなってくると思いますので試してみてください。

噛んだまま割り箸を引いたりゆすったりすると歯を傷めることがあるので注意してください。また痛みが強くなるような場合はすぐに止めてください。

歯だけじゃない

これは歯の痛みだけでなく、肩こりや首の痛み、イライラなどの症状にも応用できます。同じ様に痛みや違和感のある辺りの歯で、痛みや違和感が無ければ少しずつ全体の歯で、ゆっくり割り箸を噛むとそれらの症状が軽くなってくることがあります。

これは噛むという行為により上実が軽減されたということを意味します。

食べものをよく噛む習慣が大切

割り箸を噛むというのはやはりその場しのぎのことですから、食事をしっかり噛んで食べる習慣をつけることが大切です。

よく噛む習慣をつけると歯の痛みや頭痛、肩こりなどの上実症状が現れにくくなってきます。

噛むということは、上実症状を現れにくくするだけではなく、体全体を強くもしていきます。

お腹が弱いので消化の良い柔らかいものばかり食べている方がいますが、長期的に見ると硬さのある食べ物をゆっくりと、しっかり噛んで食べる習慣をつけるべきでしょう。

 

虫歯ではないのに、ものを噛むと歯や歯茎が痛んだり、何もしなくてもズキズキとうずいたりすることがあります。

疲労がたまるとこのような症状があらわれることがありますが、誰もがそうなるというわけではありません。

もちろん歯や歯茎に気づかない問題があり歯科的治療を要する場合もありますが、ここでは違う観点から考えてみましょう。

「噛む」という行為

あたりまえですが歯はものを噛むための器官です。

「ものを噛む」ということを体の面から見てみると、「歯を歯槽に圧迫する」ことと言えます。

もともと歯やその周囲はものを噛むことによる、歯を歯槽に圧迫する刺激を「ある程度の強さと頻度」で受けることを前提とした器官です。

ですから柔らかいものばかり食べていたり、ほとんど噛まずに飲み込んでしまうような習慣があると、歯を歯槽に圧迫する刺激が不足し、本来の器官としてのバランスを崩してしまいます。このような状態は東洋医学でいう「上実」の症状を引き起こしやすくします。

上実症状

上実とは上半身に現れる、痛みや熱感などの症状で、具体的には肩こりや頭痛、のぼせ感、鼻づまり、目のかゆみ、イライラするなどで、ここでの歯の痛みも上実症状のひとつと言えます。

虫歯じゃないのに歯が痛む2につづく

「お酒を飲んだ翌日は必ず下痢をします」という方がおられます。

こういうときの下痢は止めてはいけません。

下痢をすることによって「体にとって不要なもの-冷え」を排泄し体のバランスをとっているのです。

この下痢を薬などで抑えることを続けていると、ほかの症状として現れてくることがあります。

しかし下痢をするということは体の負担になるということも事実。

下痢は止めるのではなく、下痢をしないで済むようにすることが大事なのです。

先の例で言えば、飲酒量を控えたり、温かいものにチェンジするとか。

根本的には治療を受けたり飲酒以外の生活も見直して、下痢以外のもっと体に負担が少ない方法、たとえばおしっこや発汗で冷えを解消できるように体質を改善することが大切です。

慢性的な腰痛を訴える患者さんのお話をうかがうと、下痢をしやすい、という方が多く見られます。

そのような場合、お腹の調子を整えることによって、腰痛が軽くなるということが観察されます。

お腹の調子を整えるには、冷飲食、偏食、過食を控えるのが、まずは基本となるでしょうか。

まだまだ暑い日が続いていますが、朝晩はめっきり秋らしい気候になってきました。

寝冷えにも注意して下さいね。

 

 

書いている本人も早くも夏ばて気味なのですが、それは棚において。

熱中症対策として室温のことや水分補給などのことがよく言われますが、その前に気をつけなければいけないこと。

それは体を弱らせないこと、できるだけ暑さに負けない体を維持することです。当たり前のようですが意外と忘れがちなところです。

それには内臓の力を落とさないようにすることが大切です。

水分の補給は大切なのですが、水分の過度な摂取、水以外にもアイスなど冷たいもの、甘いものの多飲食は消化吸収力を弱めていくので注意しなければいけません。

内臓が弱るとのぼせ感(頭が熱く感じる、手足や体が火照る、強い喉の渇き)が強くなるので、冷たいものを欲するようになり、さらに内臓を弱らせる悪循環に陥ります。

またのぼせ感は睡眠を浅くし疲労の回復を妨げます。

みなさんそれぞれの事情があると思いますが、ちょっと気をつけてみてください。

ノビネコ

このくらいゆっくり昼寝すれば夏ばて知らず?

もも鍼灸院